商品検索 商品カテゴリ 商品グループ
☆直輸入☆洗えるペットシーツ プーチパッド(製造元:アメリカ:PoochPad Products,Inc)
1,850円(内税)
購入数
サイズ
›› オプションの価格詳細はコチラ

大変お待たせいたしました。
全サイズ再入荷いたしました(2019年6月1日)



当店で以前からお勧めしております、洗えるペットシーツです。
皆さまにお手に取っていただきたいので、製造元との直接交渉、直輸入、低価格維持にこだわっております。

洗えるペットシーツでエコなペットライフにトライしてみませんか?

ご愛犬は、トイレはおうち派?お外派?
ペットシーツにひと月いくらかかりますか?
おうちから出るゴミに占める、ペットシーツゴミの量、どのくらいですか?


当店はビーグル2頭の多頭飼いで、庭が無い一戸建てに居住しております。
2頭ともトイレは大小とも家の中でも散歩中でも出来ますが、都市部に住んでいますので周囲はアスファルトがほとんど、犬におしっこをさせても可なエリアは多くありません。
アスファルトでおしっこしてしまうと、お水で流しても周囲に広がってしまいますし、
マナーの観点から言っても、なるべくトイレは家の中で済ませたほうが良いですよね。

そして、ペットシーツにかかる費用と、ゴミの量!
どっちも大変。
どっちも減らしたい。

数年前からアメリカ製の洗えるペットシーツを使うようになりました。
アメリカ、PoochPad Products,Incで製造されているプーチパッド(PoochPad)です。

2015年に日本の輸入代理店が取扱いを中止してしまいました。
日本ではあまり定着しない商品なのかもしれません。
我が国は、使い捨てペットシーツの機能性、コストパフォーマンスが素晴らしいので、当然といえば当然かもしれません。
しかし、それを前提としても、洗えるペットシーツは使い勝手、経済性、エコロジーの観点から、とても便利で優秀な商品です。

ですので、製造元メーカーと直接交渉をして、直輸入を開始しました!

表地は滑らかな手触りのメッシュ化学繊維で浸透性があり水分は通過します。
真ん中の2層目のマイクロファイン水分拡散繊維が水分を吸収、マイクロファイン素材に含まれる抗菌物質がニオイのもととなるバクテリアの繁殖を抑制します。
裏地はグレーのビニール製の防水層となっておりおしっこが漏れず床を汚すことはありません。
(製造元メーカによりますと300回の洗濯回数を保証すると記載されています。限度を超えて使用を重ねますと防水機能は劣化します=わたし自身が経験済みです)

以前日本で販売されていた旧製品の日本向け商品に記載されていたイラストです。
構造

トイレとして使用する他に、クレート内の敷物として、クルマの座席や荷台に敷いて汚れ防止に、おもらしが心配な仔犬や老犬にはベッドのPoochPadの上に毛布やタオルを敷けば、おもらしをしてしまってもベッドに浸み込んでしまうことはありません。

当店では300回の洗濯を経て防水機能が衰えてしまったPoochPadは、クレート内の敷物として現在使用しています。

<アメリカ PoochPad>サイズは、S、M、Lからお選びいただけます。
Sサイズ:約43センチ×58.5センチ
Mサイズ:51センチ×68.5センチ
Lサイズ:76センチ×81センチ



<使用インプレッション>
写真の商品は<旧製品の日本向け商品(メーカー終売しております)>です。

当店では廊下にLサイズを一枚敷いて使っています。
おしっこをした直後その上を犬が踏むと、少し逆戻りするようで時々床に足跡がついています。
しばらくすると手で触れても手は汚れなくなり表面はさらっとしていますが、おしっこの色は認識出来ます。
うんちも、健康な状態の硬さのものであれば紙で取り去って処分します。

おしっこするとくるりと回転させて乾いた部分を手前にすると、次の犬もおしっこ。
こうして3〜4回用を足させて、お洗濯です。
すぐに洗えないときはお風呂場の洗い場でシャワーで流してバケツに置いておき、後で洗濯します。

我が家は洗濯機(全自動)は一つしかないので人間用と同じ洗濯機で洗ってしまいます。
すすぎ1回でOKの洗剤を使い、すすぎ1回で綺麗に洗いあがります。
乾燥機が無いので普通に外干ししていますが厚手のTシャツなどよりも早く乾きますし、部屋干ししてもニオイは気になりません。
製造元によりますと、300回の洗濯に耐える性能があるそうです。
乾燥機をお使いになる場合は、高温乾燥は避けてください。

洗濯や干す作業は少々面倒ですがゴミの量が格段に減り、満足しています。

<使い捨てペットシーツからの移行について>

Lサイズ使用例(※使用中の商品は旧製品の日本向け商品→メーカー終売しております)です。トイレトレーの上に敷き、さらにその上に使い慣れた使い捨てシーツを敷いて練習中の9歳当時のルーです)
使用例

当店のビーグルはトイレに関しては神経質ではないので、この後問題なくプーチパッドに排泄しています。

神経質な仔の場合は、まずはプーチパッドをその辺に敷いて匂いを嗅がせ存在に慣らし、いつものトイレの場所にプーチパッドを敷き、さらにいつもの使い捨てシーツを敷いて練習してみてはいかがでしょうか。
プーチパッド上の使い捨てシーツの上でおしっこ出来たら良く褒めてあげて、1週間程度かけてじょじょにシーツを取り去り、慣らしてあげてみてください。

ご質問は、ページ上部「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ♪


  この商品について問い合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける

RSSATOM